odd_hatchの読書ノート

エントリーは3000を超えているので、記事一覧よりもカテゴリー「INDEX」をご覧ください。2023/9/21

ジョン・ディクスン・カー「髑髏城」(創元推理文庫) 髑髏のかたちをした城に集まる普通でない人たち。20世紀にゴシックロマンスをよみがえらせる試み。

 くだらないことを備忘のために。カーのミステリでは、タイトルに数字の付いたものがある。どれくらい並べられるかな。
1・・・「一角獣の怪」(一角獣が「ユニコーン」なので)
2・・・「死が二人をわかつまで」(短編に「二つの死」というのがあるらしい)
3・・・「三つの棺」「第三の銃弾」
4・・・「四つの凶器」(短編に「四号車室の殺人」「第四の容疑者」というのがあるらしい)
5・・・「五つの箱の死」

7・・・(「シャーロック・ホームズの功績」所収の短編で「七つの時計の事件」)
8・・・「剣の八」
9・・・「九つの答」「九人と死人で十人だ」
番外。ラジオミステリで「B13号船室」
 とある好事家のサイトでタイトルを閲覧。「a」「another」で日本語タイトルに数字の出るのは除外(したはず)。6がないのは残念。たぶん、クィーンやクリスティではここまでできない(と思ったら著作がおおいので、結構リストアップできた)。

ライン河畔にそびえる古城、髑髏城。その城主であった稀代の魔術師、メイルジャアが謎の死を遂げてから十数年。今また現在の城主が火だるまになって城壁から転落するという事件が起きた。この謎に挑むのは、ベルリン警察のフォン・アルンハイム男爵と、その宿命のライヴァル、アンリ・バンコラン。独仏二大探偵が真相をめぐってしのぎを削る。
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488118129

 1931年作。「髑髏」はなにかの暗喩かと思ったら、実はそのような形状を持っているのであった。これは驚きで、すぐさまウィルソン「城塞(ザ・キープ)」、ストーカー「ドラキュラ」、なによりもウォルポール「オトラント城」を思い出した。ということで、この探偵小説は古式ゆかしいゴシック・ロマンスに新しい衣装を着せたものだった。その点では、クィーンやクリスティなどとは志の向きが異なる。ヴァン・ダインやノックスの基本ルールに抵触しているかもしれないが、それは構わないことなのだ。登場するのは、魔術師、俳優、富豪、画家、ヴァイオリニストなどで、「普通」の人が出てこない。とても現実的ではないのだが、このジャンルであればOKであること。
 それでも、こういうゴシック・ロマンス向きの人物の影がうすくなってしまうのは、ドイツの謹直な職業探偵アルンハイム男爵が個性的な風貌と言説で、彼らを惑わすからだ。この男爵はジャン・ルノワール監督の映画「大いなる幻影」に登場するエリッヒ・フォン・シュトロハイムに思えてしかたなかった。それくらいにキャラがたっている。この人物がかつてバンコランのライバルであったという設定によって前面に出てくることにより、事件と登場人物を背景にかくしてしまう。その結果、事件の真相を見えにくくした。この書き方はいろいろ応用が利きそうだな(というか、このやりかたを展開するために作られたキャラクターがフェル博士でありH・Mであるのだろう)。事件の前に、奇怪な探偵が立ちふさがって、謎を隠してしまうのだ。
 さらにゴシック・ロマンス的であると思ったのは、真相にかかわる。ここで発見された(すなわち隠された秘密)ことは人物関係であって、兄弟関係と夫婦関係であった。このような貴種流離譚の変形がこの探偵小説。

ジョン・ディクスン・カー「夜歩く」→ https://amzn.to/4braSPq https://amzn.to/3WAHDWh
ジョン・ディクスン・カー「髑髏城」→ https://amzn.to/3Uzj2Pc https://amzn.to/3WvXaa1
ジョン・ディクスン・カー「絞首台の謎」→ https://amzn.to/3Wv3CxX
ジョン・ディクスン・カー「蝋人形館の殺人」→ https://amzn.to/3JRiXRY
ジョン・ディクスン・カー「毒のたわむれ」→ https://amzn.to/3USvVoE
ジョン・ディクスン・カー「魔女の隠れ家」→ https://amzn.to/3UTxKlm
ジョン・ディクスン・カー「帽子収集狂事件」→ https://amzn.to/4b8UeEx https://amzn.to/4bxpbCk https://amzn.to/4dCerUT
ジョン・ディクスン・カー「剣の八」→ https://amzn.to/3ycSGLr https://amzn.to/4bd6wvC
ジョン・ディクスン・カー「死時計」→ https://amzn.to/4b8TQpO
ジョン・ディクスン・カー「盲目の理髪師」→ https://amzn.to/3UDqMiW https://amzn.to/3wEPjw2 
カーター・ディクスン「白い僧院の殺人」→ https://amzn.to/3ydX4K2 https://amzn.to/4bAvwwV
カーター・ディクスン「プレーグコートの殺人」→ https://amzn.to/3JUW7sz https://amzn.to/3JRjof4
カーター・ディクスン「赤後家の殺人」→ https://amzn.to/3Wzf9w2
ジョン・ディクスン・カー「三つの棺」→ https://amzn.to/3USgMng
カーター・ディクスン「パンチとジュディ」→ https://amzn.to/3WAdjuZ https://amzn.to/3ygtpQn
ジョン・ディクスン・カーアラビアンナイトの殺人」→ https://amzn.to/3JUWh39 https://amzn.to/3WvY1Yh https://amzn.to/3JS7bXo
ジョン・ディクスン・カー「四つの凶器」→ https://amzn.to/3QDVNlY https://amzn.to/3ydTTls
ジョン・ディクスン・カー「火刑法廷」→ https://amzn.to/3UUOVlx https://amzn.to/3UQKqJN
ジョン・ディクスン・カー「曲った蝶番」→ https://amzn.to/4dBKq7G https://amzn.to/4dA0JSv https://amzn.to/3UQK6L5
カーター・ディクスン「ユダの窓」→ https://amzn.to/4dAq5Qk
ジョン・ディクスン・カー「死者はよみがえる」→ https://amzn.to/4bvLjNh
ジョン・ディクスン・カー「テニスコートの謎」→ https://amzn.to/3ybaINY
カーター・ディクスン「読者よ欺かれるなかれ」→ 
カーター・ディクスン「五つの箱の死」→ https://amzn.to/3wxhcX1 https://amzn.to/3WATnrV
ジョン・ディクスン・カー「震えない男」→ https://amzn.to/3ws17lq https://amzn.to/44CtkCH
ジョン・ディクスン・カー「カー短編集 1」→ https://amzn.to/3JWFJIg
ジョン・ディクスン・カー「猫と鼠の殺人」→ https://amzn.to/3WBnyiG
ジョン・ディクスン・カー「連続殺人事件」→ https://amzn.to/3QGovlX https://amzn.to/44y9AAb
ジョン・ディクスン・カー「皇帝のかぎ煙草入れ」→ https://amzn.to/4bvLiJd https://amzn.to/3wl51fY https://amzn.to/3WBcmmm
カーター・ディクスン「貴婦人として死す」→ https://amzn.to/4dMRGhp https://amzn.to/3QCLWwu https://amzn.to/3QDE0LC
カーター・ディクスン「爬虫類館の殺人」→ https://amzn.to/3Wv49Qt  https://amzn.to/4bxblzW
カーター・ディクスン「青ひげの花嫁」→ https://amzn.to/4bvWgOZ
ジョン・ディクスン・カー「囁く影」→ https://amzn.to/3UTuPsZ
ジョン・ディクスン・カー「カー短編集 2」→ https://amzn.to/4bAd5IF
ジョン・ディクスン・カー「眠れるスフィンクス」→ https://amzn.to/4bdcbSq
ジョン・ディクスン・カー「疑惑の影」→ https://amzn.to/4bb7o3V
カーター・ディクスン「墓場貸します」→ https://amzn.to/3JVNwpB
ジョン・ディクスン・カー「ニューゲイトの花嫁」→ https://amzn.to/4adJtzt
カーター・ディクスン「赤い鎧戸の影で」→ https://amzn.to/3QDS1sw
ジョン・ディクスン・カー「九つの答」→ https://amzn.to/3yf9j9d
カーター・ディクスン「騎士の盃」→ https://amzn.to/3wxhgGf
ジョン・ディクスン・カー「カー短編集 3」→ https://amzn.to/4bv5n2u
ジョン・ディクスン・カー「喉切り隊長」→ https://amzn.to/3ygt3t1
ジョン・ディクスン・カー「バトラー弁護に立つ」→ https://amzn.to/4btt3UO
ジョン・ディクスン・カー「火よ! 燃えろ」→ https://amzn.to/3yf7ZmN
ジョン・ディクスン・カー「死者のノック」→ https://amzn.to/4afT0WM
ジョン・ディクスン・カー「ハイチムニー荘の醜聞」→ https://amzn.to/3URgFZo
ジョン・ディクスン・カー「ビロードの悪魔」→ https://amzn.to/4b1Xwtj
ジョン・ディクスン・カー「ロンドン橋が落ちる」→ https://amzn.to/4dA3B1D
ジョン・ディクスン・カー「死の館の謎」→ https://amzn.to/44Aj3a0