odd_hatchの読書ノート

エントリーは2200を超えているので、記事一覧よりもカテゴリー「INDEX」をご覧ください。

ロバート・フィッシュ

ロバート・フィッシュ「シュロック・ホームズの回想」(ハヤカワ文庫)

ホームズは事件の依頼人を一瞥しただけで、住んでいる土地から職業から秘密までを解き明かすのである。シュロックもその力を持っているのだが、常に間違ってしまう。依頼人もワトニイも(生)暖かくホームズの推理に感嘆するのであって、まことに優雅で美し…

ロバート・フィッシュ「シュロック・ホームズの冒険」(ハヤカワ文庫)

名探偵シュロック・ホームズはベイグル街221B番地のアパートにワトニイ博士と同居している。今日も、依頼人の持ち込む事件を迷宮入りさせるのに余念がない。それでいて、底抜けの善人たちはシュロックの推理にやんやの喝さいを送る。 いわずとしれたホームズ…

ロバート・フィッシュ「友情ある殺人」(ハヤカワ文庫)

「懐かしい殺人の事件で人類愛財団から高額の賞金を受け取ったミステリ作家クラブの三人が、楽しい船旅を終え、イギリスに帰ってくる―――悪党二人組がこんな新聞記事を読んでひらめいたこととは、この三人のうちの一人を誘拐して大金をせしめとろうということ…

ロバート・フィッシュ「お熱い殺人」(ハヤカワ文庫)

「懐かしい殺人で2万ポンドの意外な大金が転がり込んだ殺人同盟の老作家たち三人は、豪華船サンダランド号に乗り込んで、念願の船旅に出た。彼らの大金を騙し取ろうとした詐欺師夫婦から逆に金をせしめたり、いよいよ旅は順風満帆。思われた矢先、詐欺師の奥…

ロバート・フィッシュ「懐かしい殺人」(ハヤカワ文庫)

「英国ミステリ作家クラブの創立者である三人の老作家の経済状態は、まさに逼迫していた。原稿の依頼もなく、ただ世に容れられぬ身の不遇を嘆くだけ・・・そこで協議の結果考え出されたのが殺人請負業《殺人同盟》の結成だった。彼らの本領である伝統的な殺…