odd_hatchの読書ノート

エントリーは2200を超えているので、記事一覧よりもカテゴリー「INDEX」をご覧ください。

スタニスワフ・レム

スタニスワフ・レム INDEX

2013/03/11 スタニスワフ・レム「エデン」(早川書房) 2013/03/08 スタニスワフ・レム「星からの帰還」(ハヤカワ文庫) 2013/03/07 スタニスワフ・レム「ソラリスの陽のもとに」(ハヤカワ文庫) 2013/03/06 スタニスワフ・レム「砂漠の惑星」(ハヤカワ文…

スタニスワフ・レム「エデン」(早川書房)

「惑星エデン―宇宙空間に巨大なオパールのしずくのように煌めくその星に、6人の地球人科学者を乗せた宇宙探査船が不時着した。だが、地表で彼らが見たものは、巨大な生体オートメーション工場と、その大量の廃棄物、そしてエデン人の累々たる死骸の堆積だっ…

スタニスワフ・レム「星からの帰還」(ハヤカワ文庫)

星間宇宙船プロメテウス号を建造し、彼らは10年間の調査探索の旅に出た。帰還したとき、地球時間で127年が経過している。そのとき、地球では驚くほどの変化が生じている。宇宙船乗組員たちはとまどう。 西暦2200年頃の地球は、機械文明を発達させている。超…

スタニスワフ・レム「ソラリスの陽のもとに」(ハヤカワ文庫)

惑星ソラリスは発見されてから数百年がたっているが、地球人の研究を頑強に拒んでいる。二つの恒星を周回する惑星であり、通常は軌道は安定しないのだが、この惑星は安定した軌道を持っている。それはどうやら、惑星全体を占める海のためであるらしい。地球…

スタニスワフ・レム「砂漠の惑星」(ハヤカワ文庫)

「6年前に消息をたった宇宙巡洋艦コンドル号捜索のため“砂漠の惑星”に降り立った無敵号が発見したのは、無残に傾きそそりたつ変わり果てた船体だった。生存者なし。攻撃を受けた形跡はなく、防御機能もそのまま残され、ただ船内だけが驚くべき混乱状態にあっ…

スタニスワフ・レム「天の声」(サンリオSF文庫)

小熊座に観測機を向けていたらニュートリノの信号を受信した。でたらめなノイズだと放置していたら、それは規則性をもっていることがわかった。およそ416時間ごとに繰り返され、二進法で表示されているらしい。人類初めての知的生命体とのコンタクト! いろめ…

スタニスワフ・レム「枯草熱」(サンリオSF文庫)

火星飛行士だった「私」は探偵に転職し、ある「事件」の調査を依頼される。50歳過ぎの中年男性が泳ぎに出て溺死したり、狂って窓から飛び降りたり、高速道路を歩いて轢き殺されたり、拳銃を口にくわえて自殺したり。その数12人。共通点はというと、50歳くら…