odd_hatchの読書ノート

エントリーは2200を超えているので、記事一覧よりもカテゴリー「INDEX」をご覧ください。

小栗虫太郎

小栗虫太郎 INDEX

2014/05/23 小栗虫太郎「完全犯罪」(春陽文庫) 2014/05/22 小栗虫太郎「黒死館殺人事件」(現代教養文庫) 黒死館殺人事件1 2014/05/21 小栗虫太郎「黒死館殺人事件」(ハヤカワポケットミステリ) 黒死館殺人事件2 2014/05/20 小栗虫太郎「日本探偵小説…

小栗虫太郎「完全犯罪」(春陽文庫)

小栗の初期短編を収録したもの。1901年生まれで、若いころから秀才。19歳で結婚。21歳で亡父の遺産で印刷所を開業するものの4年で倒産。以後は働かずに小説を書き、ずっと売れないまま。一家は転々と放浪し、最初に売れたのが「完全犯罪」。結核で倒れた横溝…

小栗虫太郎「黒死館殺人事件」(現代教養文庫) 黒死館殺人事件1

1934年の雑誌「新青年」に連載された小栗虫太郎の畢生の大作。多くの人が混乱し、困惑した作品。これで4度目の読み直し。章ごとにメモを取って、細部を忘れないようにして読むことにした。これが正しい読み方かどうかは置いておくとして、行ってみようかGO。…

小栗虫太郎「黒死館殺人事件」(ハヤカワポケットミステリ) 黒死館殺人事件2

2014/05/22 小栗虫太郎「黒死館殺人事件」(現代教養文庫) 黒死館殺人事件1 の続き 第四篇 詩と甲冑と幻影造型 古代時計室へ ・・・ 乙骨耕案医師による伸子診察の報告。失神は故意か内発であり、目覚めた時に自分の名前を書かせたら「降矢木伸子」と書い…

小栗虫太郎「日本探偵小説全集 6」(創元推理文庫) 黒死館殺人事件3

2014/05/22 小栗虫太郎「黒死館殺人事件」(現代教養文庫) 黒死館殺人事件1 2014/05/21 小栗虫太郎「黒死館殺人事件」(ハヤカワポケットミステリ) 黒死館殺人事件2 の続き 第七篇 法水は遂に逸せり!? シャビエル上人の手が…… ・・・ レヴェズとの対話。…

小栗虫太郎「黒死館殺人事件」(河出文庫) 黒死館殺人事件4

2014/05/22 小栗虫太郎「黒死館殺人事件」(現代教養文庫) 黒死館殺人事件1 2014/05/21 小栗虫太郎「黒死館殺人事件」(ハヤカワポケットミステリ) 黒死館殺人事件2 2014/05/20 小栗虫太郎「日本探偵小説全集 6」(創元推理文庫) 黒死館殺人事件3 の続き…

小栗虫太郎「白蟻」(現代教養文庫)

小栗の中編(一編130枚)の傑作3本を収録。デビュー作、中期、最後期と、小栗の作家生活を鳥瞰できる作品を集めた。 完全犯罪 昭8.7 ・・・ 小栗虫太郎「完全犯罪」(春陽文庫)に詳細を書いたので省略。再読しての感想は、法水シリーズは「黒死館殺人事件」…

小栗虫太郎「青い鷺」(二十世紀鉄仮面)(現代教養文庫)

作家が「新伝奇小説」と銘打った作品。「黒死館」やその他の「本格」探偵小説が、暗く、閉鎖的で、書物の引用にまみれていたのが、東南アジアから五島列島に架空都市までの広がりとアクションをもち、ユーモアと恋愛がある。 二十世紀鉄仮面 1936.05-08 ・・…

小栗虫太郎「潜航艇「鷹の城」」(現代教養文庫)

昭和10年代の作品を収録。「本格」探偵小説から別の小説分野の開拓を模索していた時代。ときどき思い出したように法水麟太郎が登場する。でももう彼にふさわしい場所はなくなってしまったみたい。 潜航艇「鷹の城」 1935.04-05 ・・・ 1915年オーストリア海…

小栗虫太郎「紅毛傾城」(現代教養文庫)

「日本探偵小説全集 6」(創元推理文庫)に収録されたが、触れることができなかった次の作の感想をここに。オフェリア殺し 1935.02 ・・・ 稀代の沙翁俳優・風間九十郎が失踪したため、急遽、法水が自作の戯曲で主演・ハムレットを務めることになった。沙翁…

小栗虫太郎「成吉思汗の後宮」(講談社文庫)

小栗虫太郎は1946年に45歳で病没しているので、出版年から書いた時の年齢がわかる。「黒死館」のような「本格」ものは30代前半で、ここにあるような伝奇・冒険小説は30代後半。ほとんどの小説に日本人は登場しない。 海螺斎沿海州先占記 1941.10 ・・・ 室賀…

小栗虫太郎「人外魔境」(角川文庫)

昭和14年1939年から昭和16年1941年にかけて雑誌「新青年」に連載された冒険小説。 有尾人 ・・・ コンゴ・モザンビイク(ママ)に住む日系人・座間のもとに有尾人が届けられる。それは、秘境「悪魔の尿溜」からさまよい出たものとしれた。フィアンセ・マヌエ…