odd_hatchの読書ノート

エントリーは3000を超えているので、記事一覧よりもカテゴリー「INDEX」をご覧ください。2023/9/21

カーター・ディクスン「パンチとジュディ」(ハヤカワ文庫) 最初一人で始めた冒険に一人二人と同行者がくっついていく騎士道小説。H・Mは事態を収拾するデウス・エクス・マキナ。

2005/01/02記
 イギリスとドイツの仲が険悪になってきた1930年代後半。元ドイツスパイが情報を売り込みたいとH・Mに近づいてきた。その情報に胡散臭さを感じたH・Mは元情報部員に調査を命じる。「死して屍拾うものなし」のたとえ通り、最小限のヘルプしか期待できない青年は、翌日結婚式を挙げるために、旅立つことにした。しかし、彼は行く先々で死体の第一発見者になり、警察に疑われる羽目に。警察の追跡を受けながら、使命を果たすための冒険が続く。
 カーというと不可能犯罪とオカルト趣味が前面にでているが、これらも含めて19世紀的なロマンティストであったというのが正しい見方かもしれない。若い男女が事件に巻き込まれるという話をカーは好んでいて、思いつくだけでも「死者はよみがえる」「九つの答」などがそう。戦後になって歴史ものを書くようになったのは、これらの下地があってのことだ。ディケンズの「二都物語」とかオルツィ「紅はこべ」、デュマ「三銃士」という19世紀の通俗冒険小説の系譜の中にある(それを後継したのがイアン・フレミングの「007」ものということになるのかな)。
 1936年発表のこの小説は一種のロードものといってよくて、最初一人で始めた冒険に一人二人と同行者がくっついていく。これはもちろん騎士道小説の王道である。同行者に含まれていないのは、敵か見方かわからない胡散臭げで後ろ暗いところのある男くらいか。ともあれ、フィアンセやら目的を同じにする別国情報部員やら、まあ不思議な連中が集まったものだ。こうやって旅を続ける連中が主人公であるから、事件の全貌に関する情報は断片的で、全体を捉えることができない。行く先々で不可解な事件が起こり、主人公たちの推測が次々と覆されていき、ますます事態が混沌としていく。最後に、絶対絶命のような窮地に立たされたときに、デウス・エクス・マキナよろしくH・Mが現れて、事態を収拾する見解を述べる。そうしてみると、ギリシャ悲劇の構成を踏襲しているのかな。こういう運命に翻弄され、しかもどたばたを繰り返す主人公とフィアンセは、やはり道化芝居の役回りになっていると思われ、H・Mがいうように「パンチとジュディ」というのは、この二人なのであろう。
 それでもカーはミステリーの王道をまっすぐに進んでいるのであって、途中にでてくる一挿話の解釈がH・Mによって語られなくとも、最後のオチを付けることに使われている。すべての伏線は説明されなければならないというテーゼをちゃんと守っている。
2005/1/10記
 「探偵小説」の歴史を見ると、もともとはジャンルの混交したものであったとみるべきだろう。ポーの諸編は純粋な形式をもっているとはいえ、19世紀後半のイギリスでかかれたものには、謎解きといっしょに冒険・伝奇・怪奇・ロマンス・暴力・セックスなどの要素がいくつも入った。チェスタトンのように神学・哲学のことも含ませたものもある。そういうさまざまな色をもっていた「ミステリー」というか「探偵小説」を謎解き(たぶん序盤の奇怪な事件、中盤の複線、終盤の合理的な説明)という一点で純粋化しようとする運動がアメリカで起きた。その推進者がヴァン・ダインとクイーンの二作家だったと思う。そういう純粋化、形式化を進めることによって、「謎解き」のエクスタシーというか感情浄化作用を高めたいということをしたのだろう。どんなに複雑な現象も探偵が解釈することによって合理的に説明できるというのは、当時の自然科学の発展状況や高度成長と期をいつにした嗜好であると思う。
 ヴァン・ダインやクイーンによる改革運動は、当時の新進作家に共通して起きていた。クリスティもクロフツも、逆な表れであるハメットでもそうであった。
 カーはそういう点では19世紀の人であったと思う。上記の人たちが捨てた要素を彼は残したのだった。彼のオカルト趣味や冒険ロマン的な要素というのがそうだ。

ジョン・ディクスン・カー「夜歩く」→ https://amzn.to/4braSPq https://amzn.to/3WAHDWh
ジョン・ディクスン・カー「髑髏城」→ https://amzn.to/3Uzj2Pc https://amzn.to/3WvXaa1
ジョン・ディクスン・カー「絞首台の謎」→ https://amzn.to/3Wv3CxX
ジョン・ディクスン・カー「蝋人形館の殺人」→ https://amzn.to/3JRiXRY
ジョン・ディクスン・カー「毒のたわむれ」→ https://amzn.to/3USvVoE
ジョン・ディクスン・カー「魔女の隠れ家」→ https://amzn.to/3UTxKlm
ジョン・ディクスン・カー「帽子収集狂事件」→ https://amzn.to/4b8UeEx https://amzn.to/4bxpbCk https://amzn.to/4dCerUT
ジョン・ディクスン・カー「剣の八」→ https://amzn.to/3ycSGLr https://amzn.to/4bd6wvC
ジョン・ディクスン・カー「死時計」→ https://amzn.to/4b8TQpO
ジョン・ディクスン・カー「盲目の理髪師」→ https://amzn.to/3UDqMiW https://amzn.to/3wEPjw2 
カーター・ディクスン「白い僧院の殺人」→ https://amzn.to/3ydX4K2 https://amzn.to/4bAvwwV
カーター・ディクスン「プレーグコートの殺人」→ https://amzn.to/3JUW7sz https://amzn.to/3JRjof4
カーター・ディクスン「赤後家の殺人」→ https://amzn.to/3Wzf9w2
ジョン・ディクスン・カー「三つの棺」→ https://amzn.to/3USgMng
カーター・ディクスン「パンチとジュディ」→ https://amzn.to/3WAdjuZ https://amzn.to/3ygtpQn
ジョン・ディクスン・カーアラビアンナイトの殺人」→ https://amzn.to/3JUWh39 https://amzn.to/3WvY1Yh https://amzn.to/3JS7bXo
ジョン・ディクスン・カー「四つの凶器」→ https://amzn.to/3QDVNlY https://amzn.to/3ydTTls
ジョン・ディクスン・カー「火刑法廷」→ https://amzn.to/3UUOVlx https://amzn.to/3UQKqJN
ジョン・ディクスン・カー「曲った蝶番」→ https://amzn.to/4dBKq7G https://amzn.to/4dA0JSv https://amzn.to/3UQK6L5
カーター・ディクスン「ユダの窓」→ https://amzn.to/4dAq5Qk
ジョン・ディクスン・カー「死者はよみがえる」→ https://amzn.to/4bvLjNh
ジョン・ディクスン・カー「テニスコートの謎」→ https://amzn.to/3ybaINY
カーター・ディクスン「読者よ欺かれるなかれ」→ 
カーター・ディクスン「五つの箱の死」→ https://amzn.to/3wxhcX1 https://amzn.to/3WATnrV
ジョン・ディクスン・カー「震えない男」→ https://amzn.to/3ws17lq https://amzn.to/44CtkCH
ジョン・ディクスン・カー「カー短編集 1」→ https://amzn.to/3JWFJIg
ジョン・ディクスン・カー「猫と鼠の殺人」→ https://amzn.to/3WBnyiG
ジョン・ディクスン・カー「連続殺人事件」→ https://amzn.to/3QGovlX https://amzn.to/44y9AAb
ジョン・ディクスン・カー「皇帝のかぎ煙草入れ」→ https://amzn.to/4bvLiJd https://amzn.to/3wl51fY https://amzn.to/3WBcmmm
カーター・ディクスン「貴婦人として死す」→ https://amzn.to/4dMRGhp https://amzn.to/3QCLWwu https://amzn.to/3QDE0LC
カーター・ディクスン「爬虫類館の殺人」→ https://amzn.to/3Wv49Qt  https://amzn.to/4bxblzW
カーター・ディクスン「青ひげの花嫁」→ https://amzn.to/4bvWgOZ
ジョン・ディクスン・カー「囁く影」→ https://amzn.to/3UTuPsZ
ジョン・ディクスン・カー「カー短編集 2」→ https://amzn.to/4bAd5IF
ジョン・ディクスン・カー「眠れるスフィンクス」→ https://amzn.to/4bdcbSq
ジョン・ディクスン・カー「疑惑の影」→ https://amzn.to/4bb7o3V
カーター・ディクスン「墓場貸します」→ https://amzn.to/3JVNwpB
ジョン・ディクスン・カー「ニューゲイトの花嫁」→ https://amzn.to/4adJtzt
カーター・ディクスン「赤い鎧戸の影で」→ https://amzn.to/3QDS1sw
ジョン・ディクスン・カー「九つの答」→ https://amzn.to/3yf9j9d
カーター・ディクスン「騎士の盃」→ https://amzn.to/3wxhgGf
ジョン・ディクスン・カー「カー短編集 3」→ https://amzn.to/4bv5n2u
ジョン・ディクスン・カー「喉切り隊長」→ https://amzn.to/3ygt3t1
ジョン・ディクスン・カー「バトラー弁護に立つ」→ https://amzn.to/4btt3UO
ジョン・ディクスン・カー「火よ! 燃えろ」→ https://amzn.to/3yf7ZmN
ジョン・ディクスン・カー「死者のノック」→ https://amzn.to/4afT0WM
ジョン・ディクスン・カー「ハイチムニー荘の醜聞」→ https://amzn.to/3URgFZo
ジョン・ディクスン・カー「ビロードの悪魔」→ https://amzn.to/4b1Xwtj
ジョン・ディクスン・カー「ロンドン橋が落ちる」→ https://amzn.to/4dA3B1D
ジョン・ディクスン・カー「死の館の謎」→ https://amzn.to/44Aj3a0