odd_hatchの読書ノート

エントリーは2200を超えているので、記事一覧よりもカテゴリー「INDEX」をご覧ください。

エラリー・クイーン「ギリシャ棺の秘密」(ハヤカワ文庫)

 中学2年か3年かにこの大著を読んで、今よりもずっとページをめくるスピードがなかったから、この複雑な設定と長い尋問が頭に入らず、何人かの容疑者を用意しておいたもののいずれも作中探偵と同様に間違え、つまりは最後に驚愕することになった。あまりにショックだったのか、ストーリーはさっぱり記憶の外だが、犯人の名前だけは覚えてしまった。

ニューヨークのど真ん中に残された古い墓地の地下室から発見された二つの死体。 その謎を追うエラリーは、一度、二度、三度までも犯人に裏をかかれて苦汁を嘗めるが、ついに四度目、鮮やかに背負い投げをくわせる。大学を出て間もないエラリーが、四面楚歌の中で読者に先んじて勝利を得ることができるだろうか? クイーン最大の長編であり、古今有数の名編、本邦初の完訳。
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488104085

 それから30年たって、再読。犯人の名前を知った上での読書。そういう視点だったので、作者がどのように伏線を張っているのかに注目することになり、とてつもなく大胆な文章がそこかしこに書かれているのに気がついた。もちろんそれらの伏線は一度書かれた後には再現することはない。となると、その伏線をそう思わせないようにするために、この本は通常の倍近くの分量を持っているのであって、途方もない情報量があるからこそ、伏線は隠されたのであった。意外な犯人ということでは、国名シリーズでも白眉ということになるか。たしかにこれらの趣向はチェスタトンのいくつかの格言を思い起こさせるにふさわしい堂々たるものである。
 であるとはいえ、この長い物語を読み続けるにたるだけの謎が提示されていたかというと、ずいぶんあっさりしたものであって、克明な尋問シーンが延々と続くとあっては、どうにも間延びした感は否めない。まあ、この作が昭和7年に生まれたものであるとなると、しかたのないもの。例によって、大恐慌直後の作(1932年)ではあるが、その様子は微塵も感じさせず、数人の人物の背景に不況の様子が点描されている。何度も思うが、ミステリーとは現実逃避の役割を果たしている。
 章のタイトルに凝っている。頭文字を取りだすと、「The Greek Coffin Mystery by Ellery Queen」となって、小説タイトルと作者名が浮かび上がる。こういう仕掛けはのちのダイイングメッセージや奇妙なプレゼントにつながるもの。人によってはユダヤ教の文字に対する見方の反映を見るかもしれない。

    

2016/11/23 エラリー・クイーン「ギリシャ棺の謎」(創元推理文庫) 1932年