odd_hatchの読書ノート

エントリーは2200を超えているので、記事一覧よりもカテゴリー「INDEX」をご覧ください。

荒俣宏「稀書自慢、紙の極楽」(中央公論社)

 本を集めるとき、あるいは保管しようとするとき、注目するのは内容や書かれていること。夏目漱石坊っちゃん」に熱烈な愛着を持ち、座右の書として永久保管を決めたとする。その時に保管する一冊は自分の読んだ本であって、新潮文庫岩波文庫・角川文庫・集英社文庫講談社文庫・青空文庫のすべてを収集しようとは思わないし、表紙のバージョン違いを揃えるまではしない。「健全な良識」はテキストが同一であれば、版の違いは無視する。
 それは本の価値をテキストにおいているからだけど、ときにはものとしての本に価値を見いだし、テキストを読めなくとも、ものとして特徴ある本を集め、書棚に並べ、眼福を楽しむことがある。まあ、「健全」な「良識」からは「狂気」にしかみえないし、「ついていけない」世界になるわけだ。それでも、「狂気」の淵をのぞくことによって、自分の怪物を見つけることもできるわけで(@ニーチェ)、普段はかくされている「怖ろしい」世界をみることにしよう。案内人は稀代の本フェチ(褒めています、もちろん)荒俣宏そのひと。この人に人生をふりかえってもらって、「稀書」の地獄と煉獄と天国を冒険する。

 とりあげられるのは、
・「ウィアード・テイルズ」。ラブクラフトパルプ雑誌
・ダンセイニ。筆写。
楳図かずお水木しげる。貸本漫画。
・雑誌「マンハント」。ペーパーバック。
平井呈一。「世界怪奇小説全集」。
・図書館の蔵書目録。古本屋の在庫目録。サザビーのオークション目録。
・書誌目録(リファレンス・ブック)。手彩色挿絵本。
・西洋の書物の黄金時代。1)15世紀半ばからの百年間。初期印刷本(インクナブラ)時代。2)16世紀後半からの百年間。ドイツ木版本。ゲスナー「博物誌」(第1巻1549年から40年近く)。3)バロック本。銅版印刷。ショイヒツァー「神聖自然学」(1731-35。)4)18世紀後半から19世紀半ばまでのフランス出版物。ロマンティック本。
・ベルトゥーフ「少年柄入り百科」(1792年から40年近く)。世界の模型。
・18−19世紀の航海冒険記録。
・江戸時代の博物学本。とくに写本。絵師の熱意について。
・本のオークションについて。サザビーズとクリスティーズ
・解剖図譜。ロジェ・カイヨワ
・コスチューム・ブック(19−20世紀のフランス)。
などなど。
 魅力ある本ばかりなのだが、1冊数万円から巨大な稀稿本になると1千万円を超える! これは相当の覚悟がいるなあ。10年探し続けてようやく入手した本が到着した時の至福のとき。でも、自分が死んだあとに収集した本が散逸するのもいやだし(それがあってか、著者は博物学関係の本を出身大学に寄贈したとのこと)。そんな葛藤と法悦を交互に繰り返す、書物の地獄と煉獄と天国を垣間見せてくれる。安い和書で満足している自分からすると、まるで冒険小説のような驚きの連続。
 さて、自分はこのような「狂気」をもてるのか。どうも心のうちに著者や他のビブリオマニアのような「修羅」をもっていないようなので、狂気と対峙するかわりに、このような本を読んで代償作用にすることにした。図や写真がたくさんのっているので、文庫より版の大きい単行本のほうがよいけど入手困難。

 門谷建蔵「岩波文庫の黄帯と緑帯を読む」(青弓社)や近藤健児「絶版文庫交響楽」(青弓社)くらいの情熱だと少しは共有できる。前者はタイトル通り岩波文庫の黄帯(日本古典)、緑帯(日本の近代文学)を全冊読もうという冒険。後者は絶版文庫に特化した収集。戦前に刊行されてそれきりという本もあり、ネット古書店のない時代は足で探さないといけない。尾崎俊介「紙表紙の誘惑」(研究社)は欧米のペーパーバックの収集。こちらになると、でかけるか海外の古書店の通信販売で購入することになる。