odd_hatchの読書ノート

エントリーは2200を超えているので、記事一覧よりもカテゴリー「INDEX」をご覧ください。

エリエット・アベカシス「クムラン」(角川文庫)

イスラエル建国前夜、クムラン洞窟で二千年の封印を解かれ発見された死海文書――。そして半世紀後、この謎に満ちた古文書の盗難を発端に恐怖の殺人事件が始まる。古文書捜索を依頼された考古学者ダビットと息子アリーは真相を突き止めるため旅立つが、接近を図る人物がことごとく磔の犠牲者と化す。やがて魔の手は彼らにも忍び寄り、ついに二人を引き離し――。それほどの危険を孕むこの死海文書、いったい何が記されていたのか?その謎に触れる時、クムランで何かが起こる……!弱冠二十七歳で本書を発表、世界中で熱狂的支持を受けた若き哲学者の話題作、待望の文庫化。
クムラン エリエット・アベカシス:文庫 | KADOKAWA

 積極的な評価をすれば、歴史ミステリーとしては丹念な考証を行っていること。「死海文書」やエッセネ派のことは多少知ってはいたけれど、ユダヤ教のタルムード研究や写字生などの生活はほとんど知らなかった。あるいはユダヤ教の宗教生活で、音楽やダンスによるトランス状態が重要になっていること、など。バリ・ヒンドゥーかヴゥードゥかしらと思えるような、エクスタシーの状態がユダヤ教にもあるなんて。そのことに「異」なものを見た気がした。彼らからすると、自分などは俗化された欲望の怪物になるのだろうが。
 バーバラ・スィーリングやエーリッヒ・フォン・デニケンあるいは「ダ・ヴィンチ・コード」とは異なる「史的イエス」の構築を目指している。もちろん学問的な考証に耐えることのできないフィクションだ。ここに描かれたイエスのあり方はどうかしら。イエスを身近にしたとも思えるし、神性をはく奪したとも思えるし。
著者のあとがきにひとつ文句。参考文献にマイケル・ベイジェント/リチャード・リンカーン死海写本の謎」とバーバラ・スィーリング「イエスのミステリ」を上げるのはいけない。学術書ではなく、トンデモ本に分類されるものだから。この2冊で初期キリスト教エッセネ派の勉強をしてはならない。)

  

バーバラ・スィーリング「イエスのミステリー」(NHK出版) - odd_hatchの読書ノート
ダン・ブラウン「ダ・ヴィンチ・コード」(角川文庫) - odd_hatchの読書ノート