odd_hatchの読書ノート

エントリーは2400を超えているので、記事一覧よりもカテゴリー「INDEX」をご覧ください。2020/10/13

大内力「日本の歴史24 ファシズムへの道」(中公文庫)-3

2021/03/02 大内力「日本の歴史24 ファシズムへの道」(中公文庫)-1 
2021/03/01 大内力「日本の歴史24 ファシズムへの道」(中公文庫)-2 の続き

f:id:odd_hatch:20210226091341p:plain


 経済で重要なのは、関東大震災の復興事業と金解禁、世界不況。前二つは、別に読んだ本のエントリーに詳述したので参考に。
2011/05/16 徳川直「太陽のない街」(新潮文庫)
2011/05/24 高橋亀吉/森垣淑「昭和金融恐慌史」(講談社学術文庫)
2015/03/20 長幸男「昭和恐慌」(岩波現代文庫)
2015/03/23 中村隆英「昭和恐慌と経済政策」(講談社学術文庫)
 ここではその後を簡単に。金解禁によって外貨が海外に流出。デフレの進行と円高株安。そこに世界不況が加わって輸出がまったくふるわなくなる。財政収入が減少して、地方自治体に破産するところが発生する。この時の処理は、大企業のカルテル化、中小企業の倒産、農業の窮乏(増税と小作料増加など)。大企業を優遇して、庶民・大衆の負担を増加することで乗り切ろうとする。このとき財閥化した企業だけが儲けるので、右翼やファッショ化した軍部が財閥を敵視する(のちの515事件、226事件などのテロで対象になった理由)。左翼も運動したけど弾圧されて、1930年ころまでにほぼ消滅。
 そのあと高橋是清が蔵相になって、経済政策を転換。平価を切り下げて円安を維持し、積極財政で失業対策をとる(土木事業で農業インフラを整備した)。ニューディールやナチが行った施策を数年先行して行った。これで1933年には世界不況前の水準に戻ったが、平価切下げに円安維持は輸出先からすると国家的なダンピングにみられる。欧米が反発したが日本は改めない。なにしろ財政が増えても軍事費に回るので、経済の生産性向上や合理化が進まないから。軍需品生産で売り上げと利益を上げている重工業の企業がこの状態を望むから。ダンピングと低賃金が昭和10年代になると、中国満州の敵対的な軍事行動と合わせて、国際問題になり、戦争の理由になる。
(世界不況以後、先進国がブロック経済圏を作ったので、日本とドイツの侵略行動はブロック経済圏を破壊する行為だった。閉鎖的な市場を作ったので、排外主義や民族差別がどこでも起きる。)
 この経済性格の失敗は重要な教訓をもっているので、不況時にしてはならない対策をたくさん発見することができる。そして21世紀10年代の日本の経済政策がこの時代の経済政策に類似していることに注意。
 本書のトピックのひとつは226事件。この失敗したクーデターには俺は興味がない。日本人が陰謀好きであること、長期的なプロジェクトを構想できないこと、戦術や戦法にこだわって戦略や戦術をないがしろにすること、失敗したプロジェクトの責任をだれも取らないこと、むしろクーデターの標的になった側がクーデターを利用して組織の独占を図ったこと。こういう日本人のだめさがきわだった愚劣なできごとだった。