odd_hatchの読書ノート

エントリーは2600を超えているので、記事一覧よりもカテゴリー「INDEX」をご覧ください。2021/9/25

日本文学_エンタメ

司馬遼太郎「項羽と劉邦」(新潮文庫)

ふむ、四半世紀前のほぼ同じ月に読んでいたのか。 そのときは、中国の歴史にはほとんど無知だったので、この小説にはほとほと苦労させられたのだった。作者のほかの小説との差異を考えれば、僕らとしては、中国古典と中国古代史を基礎知識として持たないので…

井上ひさし「偽原始人」(新潮文庫)

池田東大(わが子に東大(読みはとうしん)という名前をつけるってありそうで怖い)くんはやせっぽちで運動がよくできないし、勉強もそれほど好きではない。特技は物語を作ること、いろいろな計画をたてること。しかしそういうところは親はまったく評価して…

井上ひさし「下駄の上の卵」(新潮文庫)

「夢にまでみた、真白な軟式野球ボールが欲しい。山形から闇米を抱えて東京に向かう六人の国民学校六年生の野球狂たち。上野行きの列車の中は、満員のすし詰めだった。二斗六升の米を、無事に東京まで運べるだろうか。少年たちの願いもむなしく二斗の米が…。…

山田風太郎「くノ一忍法帖」(角川文庫)

夏の陣で千姫は亡くなっていないという奇想からさらに想像力(というより妄想力)をたくましくしていき、そこに実在の人物のさもありそうな思惑を加えていく。大阪夏の陣で五人の女忍者が千姫を連れて逃げ出し、千姫のおなかには秀頼の子供が宿っている。そ…

村上元三「次郎長三国志」(春陽文庫)

山田宏一氏の「次郎長三国志 マキノ雅弘の世界」という本で、マキノ雅弘監督による同名の連作映画のことを知っていてから、すこし気になっていた。あるいは、平岡正明が、極真会館本部にいたころ、練習のあと、居酒屋で次郎長や子分のことを練習仲間と評して…

富田常雄「姿三四郎」(新潮文庫)

黒澤明監督の「姿三四郎」を先に(ずっと以前に)みていたので、上巻から中巻にかけてはその映像を思い出すことができた。村井半助役の志村喬は、その表情までも思い出すほど。 克己心のある野暮な主人公、しかも彼は非常に優れた運動能力を持っている。彼は…

司馬遼太郎「義経」(文春文庫)

作者の長編では、なぜか人気のない一編。理由を考えると、「義経」の脱神話化を目指しているから。ここに描かれた義経は、英雄的なところがまったくない。義経に「ヒーロー」を期待する読者を裏切っている。 上巻では、四条河原での弁慶との劇的な出会いがな…

奥泉光「グランド・ミステリー」(角川文庫)

物語は真珠湾攻撃準備で太平洋を渡航中の空母から始まる。第1次攻撃に向かった艦爆機が帰還すると操縦手が服毒死している。その直前には機体整備の兵士が理由なく失踪している。また潜水艦では決死の小型潜水艦による真珠湾攻撃準備中、潜水中の艦内で重要書…