odd_hatchの読書ノート

エントリーは3000を超えているので、記事一覧よりもカテゴリー「INDEX」をご覧ください。2023/9/21

エラリー・クイーン「チャイナ・オレンジの謎」(ハヤカワ文庫) パズラーを突き詰めると、被害者の身元がわからなくても、ミステリーが成立する

宝石と切手収集家として著名な出版業者の待合室で殺された、身元不明の男。被害者の着衣をはじめ、あらゆるものが“さかさま”の謎。〈ニューヨーク・タイムズ〉紙が「クイーンの最大傑作」と激賞したが、読者の判定はいかがだろうか? クイーンがつくりあげた密室殺人事件の卓抜な着想は、数多ある作品中でも特異の地位を占めるものとして人気を得ている。
チャイナ橙の謎 - エラリー・クイーン/井上勇 訳|東京創元社

 事件のが起こった部屋は「さかさま」であった。この「さかさま」は通常、upside-down(上下反対)の意味で使われて、中学生の頃に読んだときにはそう思っていた。しかし、ここではflontside-back(裏表反対の意。こんな英語があるかどうかは不明)。本棚、壁の絵、絨毯(のちの解明で絨毯が反対のことに言及はなかった)が、通常の向きとさかさまになっている。ここには注意が必要。そこに切手やコインや古書の収集に関するうんちくが語られる。まあ、エラリーったらちゃめっけたっぷりなんだから。まず自分が楽しもう、ということなのね。
 次の趣向は、被害者の身元がわからなくても、事件が成立するということ。通常、被害者の所有するものをめぐる確執(遺産の受取、三角関係の清算、親子関係の暴露など)が起こり、事件の焦点はそこに絞られていく。ここでは死体は単なるbody、物体にすぎない。解明においても、被害者の職業は特徴的であっても、名前は明かされなかった。にもかかわらず、関係者に不安と疑惑が起こり、それぞれが合理的とは思われない行動をとらせていく。こういうことは普通ありえない(なにしろ関係者すべてが「被害者を知らない」といったら、捜査の方向は別にむいてしまうだろうに)。そこを登場人物だけが容疑者であるような状況を作った、というのが面白いところ。
 また、この事件には一つの家族の肖像が描かれる。頑固な言語学者、頼りない息子の出版社経営者、影と幸のうすそうな娘。ブルジョワの彼らの周辺にいる企業家やスノッブな好事家。ここには二つかそれ以上の恋愛が進行していて、彼らの関係は予断を許さない。殺人事件よりもむしろ、事件によって暴かれる人間関係と過去の秘密のほうがより痛切な主題だろう。このような人間関係はのちのライツヴィルものあたりでより詳細に検討されることになる。だから、これは後期クィーンを予感させる注目作。
 探偵の視点でストーリーを語ると、クイーンの立場は情報入手に漏れがないということ。カーのように事件の関係者を主人公にすると、情報入手が限られ、その評価にもバイアスがかかる(それが謎を混迷させることになり、「意外な結末」を用意することになるのだ)。その点、警察力を背後にもつ探偵の手元には最新情報が続々と到着し、情報間の整合性を確認したり、真偽を評価することができる。バイアスのかからない評価ができる位置にいるわけだ(読者も探偵と同じ条件でいることにしているから、「読者への挑戦」が可能になる)。その代わり、プロット(事件が進行する過程)通りに情報が来るわけではないので、情報を整理・統合することが大変難しくなる。
 途中で探偵クィーンは「ハメット」を引き合いにだして、彼のような観察機械である探偵を揶揄している。ずっとのちにクイーンはハメットの探偵みたいになるのだけどね。
 ホテル付きの探偵(ホテル・ディック)が出てくる。ここではほとんど存在感がなく、役割もよくわからない。彼の仕事は都筑道夫のホテル・ディックシリーズで勉強しておくこと。「殺人現場へ二十八歩」「毎日が13日の金曜日」「脅迫者によろしく」など。
 内容に関するいちゃもん。ネタばれあり。ご注意を。


エラリー・クイーン「ローマ帽子の謎」→ https://amzn.to/43T90fY https://amzn.to/43QwpOZ https://amzn.to/3TN2piB https://amzn.to/4aHlE3M
エラリー・クイーン「フランス白粉の謎」→ https://amzn.to/3U8X5at https://amzn.to/3TPkMDq https://amzn.to/3VQxKUf https://amzn.to/3xugUQQ
エラリー・クイーン「オランダ靴の謎」→ https://amzn.to/3TNV6Hn https://amzn.to/4aMS3pw https://amzn.to/49ofEMk https://amzn.to/3JeorG5
エラリー・クイーン「エジプト十字架の秘密」→ https://amzn.to/3TIK9Xy https://amzn.to/3Ub9SZ5 https://amzn.to/3vJZcYX https://amzn.to/4cLJi0X
エラリー・クイーンギリシャ棺の秘密」→ https://amzn.to/43PGonM https://amzn.to/43SqWHB https://amzn.to/3xr7G7U https://amzn.to/4cQvQZO
エラリー・クイーン「Xの悲劇」→ https://amzn.to/3PQUEqH https://amzn.to/3vMnqSu https://amzn.to/4aNMF5C https://amzn.to/4aOWbFx
エラリー・クイーン「Yの悲劇」→ https://amzn.to/3PV19sv https://amzn.to/49zoy9Q https://amzn.to/4aoaSjp https://amzn.to/3vJIitw https://amzn.to/3Ja6jwP平井呈一訳)
エラリー・クイーンアメリカ銃の謎」→ https://amzn.to/3vLr66Y https://amzn.to/4aN0VMc https://amzn.to/3xugAl6 https://amzn.to/3vBZyRA
エラリー・クイーン「Zの悲劇」→ https://amzn.to/43RmGIk https://amzn.to/4ap0NT3 https://amzn.to/3TNVkOJ
エラリー・クイーン「ドルリー・レーン最後の事件」→ https://amzn.to/49wsIzp https://amzn.to/43Py6fK https://amzn.to/49wsZlV https://amzn.to/49tw7Pi
エラリー・クイーンシャム双生児の謎」→ https://amzn.to/3PUbQvf https://amzn.to/43OehW9 https://amzn.to/3TTSRCi
エラリー・クイーン「チャイナ・オレンジの謎」→ https://amzn.to/49rrp4B https://amzn.to/3PUtgYI
エラリー・クイーンエラリー・クイーンの冒険」→ https://amzn.to/3xxBLms
エラリー・クイーン「スペイン岬の謎」→ https://amzn.to/49wJVZr https://amzn.to/3UadICH https://amzn.to/3J9rTSn
エラリー・クイーン「途中の家」→ https://amzn.to/3PQULT9 https://amzn.to/3PW1R8L
エラリー・クイーン「日本庭園殺人事件」→ https://amzn.to/3TS8zxP https://amzn.to/3xqj7fX
エラリー・クイーン「悪魔の報酬」→ https://amzn.to/4aPg2ET
エラリー・クイーン「ハートの4」→ https://amzn.to/4aJiDQw
エラリー・クイーン「ドラゴンの歯」→ https://amzn.to/3TYIdui https://amzn.to/3vMClfn
エラリー・クイーン「神の灯」→ https://amzn.to/3xugIB6
エラリー・クイーン「大富豪殺人事件」→ https://amzn.to/3xBuO3r
エラリー・クイーンエラリー・クイーンの新冒険」→ https://amzn.to/3U8WpSq
エラリー・クイーン「災厄の町」→ https://amzn.to/49sunpG https://amzn.to/4aD63lU https://amzn.to/3JvSCsB
エラリー・クイーン「靴に棲む老婆」→ https://amzn.to/3xu6lx6 https://amzn.to/3TSaKkR
エラリー・クイーン「フォックス家の殺人」→ https://amzn.to/43OcPmB https://amzn.to/3Jgr1es
エラリー・クイーン「十日間の不思議」→ https://amzn.to/3TT2nWg https://amzn.to/4cOrdiG
エラリー・クイーン「九尾の猫」→ https://amzn.to/4cQ5xCT
エラリー・クイーン「ダブル・ダブル」→ https://amzn.to/4auBpeW https://amzn.to/3vIPPZG
エラリー・クイーン「悪の起源」→ https://amzn.to/3VS1aRM
エラリー・クイーン「帝王死す」→ https://amzn.to/3xB5BWS
エラリー・クイーン「犯罪カレンダー」→ https://amzn.to/3U7GkN2 https://amzn.to/4aMSAb0
エラリー・クイーン「緋文字」→ https://amzn.to/3JbwN17
エラリー・クイーン「ガラスの村」→ https://amzn.to/49yLl5A
エラリー・クイーン「クイーン警視自身の事件」→ https://amzn.to/43PyFGo
エラリー・クイーン「クイーン談話室」→ https://amzn.to/3Jclndy
エラリー・クイーン「最後の一撃」→ https://amzn.to/4cQw6YM
エラリー・クイーン「二百万ドルの死者」→ https://amzn.to/4aMSO1Q https://amzn.to/3J7HbXM
エラリー・クイーン「盤面の敵」→ https://amzn.to/3PWlFci
エラリー・クイーン「第八の日」→ https://amzn.to/3VMM3sV
エラリー・クイーン「クイーンのフルハウス」→ https://amzn.to/4aKXOEu
エラリー・クイーン「三角形の第四辺」→ https://amzn.to/3vBzk1B
エラリー・クイーン「顔」→ https://amzn.to/3J7GVIi
エラリー・クイーン「最後の女」→ https://amzn.to/4aLQhVJ https://amzn.to/4arej8S
エラリー・クイーン「心地よく秘密めいた場所」→ https://amzn.to/3xpZZ1L


・1934年作だからということか、中国を漫画的に描いている。「中国人は他人と握手するのではなく、自分と握手する」って、漢の官僚が皇帝に拝謁するときのお辞儀じゃん。それ以外にも、侮蔑的な描写がたくさん。数年後、第2次大戦がはじまると、「ペントハウスの謎」のように状況は一変するのだが。
・撲殺された死体の出血はどうだったんだ。死体周辺に散っていたという描写があるのに、あのトリックには無関係だったのだろうか。また、絨毯に血が染みついていたとすると、それを裏返したことによって、どのような事態が生じたのか、類推可能だったのではないか。