odd_hatchの読書ノート

エントリーは2200を超えているので、記事一覧よりもカテゴリー「INDEX」をご覧ください。

E・R・エディスン「ウロボロス」(創元推理文庫)-2

2020/03/30 E・R・エディスン「ウロボロス」(創元推理文庫)-1 1922年

 

 ジャス王は半年ほどかけて、艦隊を整備した。完成ののち、1800人の兵士を伴い、スピットファイア卿、ダーハ卿とインプランド(小鬼国)に出版する。途中暴風雨に遭遇。ジャス王の乗った船のみが助かり、一行は400人余りに減少。途中、インプランドを彷徨する3つの武将と彼らが率いる軍隊に遭遇する。どうやら過去インプランドが征服されたときにかけられたの呪いのせいであろう。決して追いつくことができない彷徨を長年にわたって続けているのである。ジャスらは彼らの仲裁をし、インプランドの豪族の支持をうける。ダーハ卿はある貴婦人が寝ずに鷹の見張りをするよう頼まれ、実行する。報酬に貴婦人を求め、それはいやいやながらも受け入れられるも、貴婦人はダーハ卿に不吉な予言を残す。

f:id:odd_hatch:20200326091908p:plain

 実際、デモンランドが体制を立て直す間に、ウィッチランドはインプランドに軍隊を送っており、数の優勢を頼みに、ジャス王らを追っているのであった。廃城をみつけて立てこもり、ウィッチランドの将コオランドの攻撃をかわしているものの、籠城数か月ともなれば、軍勢と兵糧は減少する。ある闇の夜にジャス王らは脱出を試みるも、コオランドの発見するところとなり、ジャス王とダーハ卿のみからくも逃げることに成功する。スピットファイア卿は行方不明となるが、デモンランドに帰国できたことがあとで知れる。
 ジャスとダーハは地元の王の息子の生き残りミヴァルシュをつれて、インプランドの果てにあるコシュトラ・ペローンの峰を目指す。そのためにもうひとつの高峰コシュトラ・ピヴラルカを登らねばならず、その稜線にはズィミアムヴィアの門がみえる(エディスンはのちに「ズィミアムヴィア」三部作を執筆するのであるが、それはここに関係あるのかしら。訳者解説によると別の場所とのこと)。この危険極まりない山岳登山の詳細な記述は要約を許さないのであって、各人楽しまれい(そしてウィンパー卿以来、登山はイギリスの高貴なる人々の趣味であり生きがいであったことも想起されられたし)。
 コシュトラ・ペローンの山頂にはソフオニスバなる女王が待っていた。この峰には生きた人間は来れないとされ、来れるものは類いまれなき勇者のみであり、それは女王に与えられた予言通りであったからである(なぜ女王が高峰にいるかという物語も面白いが割愛)。ジャスが落胆したことには、女王はブラスト卿を知らないという。ジャスはさらに南の峰々をみるうち、それが夢見た囚われの場所と同じであることを知る。女王は「ゾラ・ラック・ナム・プサリオン」には人跡ではいけないという。行くには天馬の卵をかえし、プライド高く乱暴な天馬を手なずけねばならない。インプランドに残る唯一の卵は孵化したものの、ミネルヴァのよこしまなたくらみで天空に消え去った。失意で帰国するジャスのもとに、雨燕がデモンランドに天馬の卵があることを報告する。
(ジャス王ら勇者は、兄弟の契りにあるほかの三人がそろっていて、個々人の力を超える力を発揮できる。ゴライス12世の魔術は一人を拉致追放することで、この四位一体を壊した。なので、ジャスはばらばらになった4人を再び集めることが必要なのである。そのために訪れる試練は途方もないもの。この探索行はイギリス中世文学の「アーサー王物語」に似ることになり、違いは王自らが探索の旅にでるところ。そこは「ベーオウルフ王」の物語に近しい。)
 ウィッチランドはインプランドを征服した勢いに乗って、デモンランド侵攻の企てを進める。コオランド、コリニウス、コーサスのいずれの将に大任を与えるか、将の夫人らは画策をはかるも(この過程もみごと)、ゴライス12世を翻意させるに至らず、最年長のコーサスを指名する。初戦はウィッチランド軍の勝利であるが、重要な砦の攻略を後回しにしたために、ウィッチランド軍は窮地に陥る。グロの報告を受けたごリアス12世は最年少の将コリニウスをデモンランドの王に命じる。スピットファイア卿の奮戦むなしく、コリニウスは城を攻略。その宴において、コーサスとその息子らに追放を命じる。
 次の狙いはダーハ卿の妹メヴリアン姫の住むクロザリング城。スピットファイア卿と小鬼国の共同作戦は失敗し、城を守るものは200名足らず。落城かと思われたとき、メヴリアン姫は己が身をもって城と居住するものを守る。邪悪な愛に燃えるコリニウスはメヴリアンに女王を授けようというが、拒否。グロ卿の計略で深夜、脱出する。グロ卿は負ける戦の側につくという性癖を抑えようがなく、山中を放浪するうち、妖精の踊りと音楽を楽しむ。まどろみのなか、男ものの鎧兜をまとった姫に剣の切っ先をつきつけられる。今日からは修羅国のグロ卿と名乗るのを信用し、二人は深奥の渓谷に身を隠す。そこに天馬の足跡を見つけたのもつかのま、ウィッチランドの追手が迫り、グロ卿が倒れるところに、ジャスとダーハ卿が現れる。
 第2部に相当する(第8章から第25章まで)。
(ウィッチランドによるデモンランド攻略がことこまかに描かれる。主題は敵との戦いではなく、勇将の間の憎悪と桎梏の争い。ゴライス12世はもっとも年若のコリニウスに目をかけるも、人心掌握のすべを自得すべしと突き放し、夫人らの計略を退ける。ここらの帝王学に、家臣の陰謀、妄執はそれこそ「三国志演義羅漢中作の全巻をかつて読んだぞ。もう内容は忘れたが)」か「平家物語」か。人物はいずれも単純な性格の持ち主であり、分析など不要であるが、陰謀術策に長け、負ける側にしかつかないという哲学者のグロ卿のみ近代人である。世界のなかに居場所がなく、だれからも後ろ指をさされ、陰謀の渦中で暗殺を意識せざるを得ない生き方をするグロ卿はこのシンプルな世界のなかの「単独者@柄谷行人」。彼の憂愁と孤独がいや増していけば、その思惟はデカルトの方法的懐疑にいたるのではないか。あいにくそこに至るにはグロ卿はあまりに武人(騎士)であった。)


 

2020/03/26 E・R・エディスン「ウロボロス」(創元推理文庫)-3 1922年